2018年まとめ

毎度のことで2018年もあっという間。

ちょくちょく荒川で釣りしてましたが、2018年はいつもとは違う年となりました。

というのも。。。釣果イマイチ。。。

絶好の潮周りでもほとんど釣れなかったというのが多かったのと、釣れても魚のコンディションがかなり悪かった。。。

調子が悪かった理由。。。猛暑?周りの工事の影響?。一つはっきり言えそうなことは10月初めだったか「さぁこれからシーバス最盛期」というときの台風。この増水でベイトがほとんどいなくなってしまった。。。11月に入ってからいくらかベイトは戻ってきてましたが、時既に遅しな感じでした。平成時代最後の最盛期は完敗でした。

そんな厳しい状況の中でも自分なりの発見やドラマが(大袈裟)いくつか笑。

7月の台風後、増水状態のデイでレンギョと闘いながら出た74cm。ルアーはシリテンバイブ73。デイでの最大サイズ!

その後はほとんど釣れず。。。普通の普段釣れるルアーを投げていても釣れないので、どうせならと昔買ったルアーを投げてみることに。

15年くらい前に新品で購入したルアー「ビリケン(プラ版)」。

オリジナルはミラクルワークスのビリケン(ウッド製)。それのプラスティック版です。

10.5cm。体高があるのでなかなかのボリュームです。

購入当時に多摩川で数投した程度。

これを埼玉荒川にて15年ぶりに再投入!

重量がそれなりにあるのでもっさりとキャスト!結構飛ぶ!

ボリュームがあるボディゆえにドッボーンと派手に着水!

ミラクルワークスだったらジャークでしょう!ということで下手なジャークジャーク!

。。。。全然釣れる気がしない。。。苦笑。

でも、なんだか古き良き?シーバス釣りといった感じで、こうゆう釣り方で食いついてきたら面白いなぁと 、釣りに行くたびにビリケンを投げてジャークしてたところ。。。

ジャーク直後にガツンと今までに経験したことのない物凄い衝撃が!

サイズこそ60クラスでしたが、まさかまさかのビリケンで!

定番ルアーで釣った魚とは違う、なんともいえない達成感がありました。

まだ古いルアーがゴロゴロあるので来年は少し投げてあげようかな。

あとは、調子が悪い年だったが故に色々試さざるを得ずその結果、苦手だった潮周り(小潮、長潮、若潮)で釣果をそれなりに上げられるようになったりと多少は引き出しを増やすことができたように思います。

来年はどんな釣りが待ち受けていることやら。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする